ポストの中にはさみを設置した

 

友だちから手紙が届いているのを発見すると、嬉しさのあまり、その場に立ったまま手でビリビリ開封してしまう。

そこで、自宅のポストの中にはさみを設置した。


f:id:infernalbunny:20190407205336j:image

 

これで、封筒をビリビリにせずに済む。

 

手紙は祈りだ。

歳を取るとは、世界の可変性を知っていくことだと思う。夏休みは終わる。友情は壊れる。恋人は去る。変わりゆく世界に対して、一個人はあまりにも無力だ。信じられるものはなにもなく、時には自分自身ですら、意志の制御を離れて暴走する。

封筒の中には、過去しかない。数日前の言葉を標本にして送りあうこと。容赦ない時間の流れに対する、変わりゆく世界と自分自身に対する、これはささやかな反逆だ。あなたとわたし、二人揃ってこそできる反逆。二人で作る、世界のバグ。二人で世界を狂わせられるのだという夢を見ながら、あなたとわたしは、それぞれの場所で生きていく。

手紙は祈りだ。

 

 

www.infernalbunny.com