敏感肌ADHDが生活を試みる

For A Better Tomorrow

たとえば薔薇は生まれながらに薔薇だが、献花は捧げたそれしか献花ではない

最終更新:2020.5.30

 

 

もう五カ月ほど前の出来事だが、ふと思い出したので短い日記にしておく。

 

造花を買う用事があり、インテリア雑貨の店に行った。よさそうなものを物色していて気づいたが、造花のいいところは、そっくりそのまま同じ花を複数持っておけることだ。本物の花は、一本一本違うけれど。

―― いや、造花だって、インダストリアルに規格化されてはいるけれど、微細なつくりのブレはある。まるごとコピーではない。完璧な複製は同一の遺伝子からしか産出できない。大雑把なそっくりさんを手軽に入手できるのは無機物だが、寸分違わぬそっくりは有機物に求めるしかないという逆転現象。

 

最終的に、購入したのはこちら。

 

f:id:infernalbunny:20200416123615j:plain

 

ダリアとヤマシダ。色と大きさのバランスを考えて、見目好く組み合わせたつもりだ。

なおこれらは、とあるイベントで故人に捧げてきたので、もう手元にはない。

 

造花なのだから、店に行けば、限りなくそっくりな同じ花が置いてある。でも、彼に捧げたのはあの花だけだ。たとえば薔薇は、生まれながらにすべてが薔薇だが、献花は捧げてはじめて献花となる。

 

当たり前の話だけれど、そんなことを思ったのだった。