ポンプヘッド容器×日焼け止め×肌色補正というADHDの大好物【ハダリラ ミルキージェルUV】

以前にも書いたように、わたしは「クレンジング不要・スキンケアもできる肌色補正クリーム」というプロダクトが大好物で、それ系のコスメの新作には注目している。

 

www.infernalbunny.com

 

www.infernalbunny.com

 

これと同じノリで、日焼け止めも、クレンジング不要で肌色補正できるものを愛用している。

今回、スキンケア&メイクブランドのハダリラから「クレンジング不要・スキンケアもできる肌色補正日焼け止め乳液」というどんぴしゃな新作が出たので、ADHD向け時短美容ブランドの紹介と絡めてレビューしていきます。

 

 

三大時短ブランド ズボラボ・サボリーノ・ハダリラ

世の中には、時短美容アイテムを専門的に開発・提案するというADHDの御用達みたいなありがたいブランドがある。うちの近所のPLAZAに取り扱いがあるのは、ズボラボサボリーノ・ハダリラの3つ。それぞれのブランドコンセプトを見てみよう。

 

1.ズボラボ

公式サイト ズボラボ|“ずぼら”な女性に贈る、超楽ちんなスキンケアブランド-SANA

研究対象はズボラさん!超ラクちんっなスキンケア♪

実はズボラなところがあるけれど、まわりには気づかれないように毎日頑張っている。そんな「隠れズボラ女子」に贈るスキンケアブランド。

忙しい毎日を送る女性たちには、ときに「サボりたい」という願望が…。

でも、キレイでいたいという気持ちも譲れない。

そんな女性たちの願いを叶えるブランドです。

 

洗顔と化粧水を兼ねた拭き取りシートなど、痒い所に手が届く時短スキンケアアイテムを販売しているブランド。商品ひとつひとつはさほど目新しいものではないが、”ずぼらな女性に贈る” と明言してひとつのブランドに集約する姿勢が好ましい。「時短」が怠惰ではなく、ライフスタイルのひとつとして容認されている気がする。

以前、つけたまま寝られる肌色補正クリームの記事休日用乳液UVを、洗顔料とクレンジングの選び方の記事夜用ふき取り乳液シートを紹介した。一部商品はファミリーマートでも買えるので急な外泊などにぴったりだ。

ところで休日用乳液UVですけど、わたしは平日(仕事)のメイクは手抜きして、休日に遊ぶときこそがっつり気合い入れてメイクしたい派。そういう人けっこういません?

メーカーは常磐薬品工業。常磐薬品工業といえば、同じくつけたまま寝られる肌色補正クリームの記事で紹介した、素肌記念日シリーズを擁するメーカーでもある。

 

2.サボリーノ

公式サイト SABORINO|BCLBRAND SITE / BCLブランドサイト

仕事もプライベートも全力!無理して頑張って美容も詰め込んで、そんな忙しい今を生きる女子の “ホンネはもっとサボりたい!”

その一言から生まれた、”サボってもキレイでいられる” を実現した時短コスメブランド「Saborino(サボリーノ)」。

サボって生まれた時間で、新しいハッピーや元気を!サボリーノは忙しく生きる人を応援します。

 

朝用シートマスクが大ヒットしているブランド。3つの中では一番知名度が高いだろう。

こちらも名前の通り、時短アイテムを専門的に販売している。一番有名な「サボリーノ 目ざまシート」は、60秒間顔に乗せるだけで洗顔・スキンケア・化粧下地まで済むという大胆な触れ込みでベストセラーになった。店舗限定や期間限定で多彩な香りが出ており、2019年4月現在、累計ラインナップは10種類を越えている。香りのモチーフは、「完熟果実の高保湿タイプ ミックスベリーの香り」「爽やか果実のすっきりタイプ ミンティーグレープフルーツの香り」などのフルーツ類。

ネーミングといい、美麗イラストつきのパッケージといい、たかが時短アイテムと実用性のみに特化することなく、消費者のバイブスを全力でアゲにかかっているのがよくわかる。余裕がないがゆえのやむをえない選択肢ではなく、積極的に選ばれたいという気概を感じる。

 

f:id:infernalbunny:20190416163846j:plain

ティッシュペーパーみたいに手軽に取り出せるのもよくできている。数日に一度のスペシャルケアではなく毎日使う「習慣としてのマスク」を提案するなら、UIはなによりも大事だろう。

 

実際のところ、本当に “洗顔・贅沢スキンケア・保湿下地” までこれ1枚で済ませられるかというと個人的には懐疑的ですが、自信満々に「これ1枚でOK!」と断言してしまう力強さは単純に気持ちよくはある。なんだかんだで「しっとりタイプ フルーティーハーブの香り」「完熟果実の高保湿タイプ ミックスベリーの香り」「リッチなミルク保湿タイプ 白いちごの香り(限定品)」の3種類を使ってきたが、多分もうリピートはしない。

 

 

3.ハダリラ

公式サイト HADARELA|BCLBRAND SITE / BCLブランドサイト

今日はお肌もわたしもリラックス。

ハダリラは、大人気シートマスク「サボリーノ」などを販売しているBCLから出ているブランド。

やさしい使い心地と自然な仕上がりで、大人の素肌を応援するスキンケア&メイクシリーズです。

余分なものを入れないストレスフリー処方と心地良い香りで、お肌も気持ちもリラックスさせてくれます♪ 

 

つけたまま寝られる肌色補正パウダーの記事で、大人のベビーパウダーを紹介した。比較的新しいブランドで、商品数はまだ少ない。

メーカーは、サボリーノと同じBCL。

 

3つとも、まさにADHDのためにあるようなブランドだ。

以前にも書いたように、誰しも「ズボラ」「サボり」を恥じる必要はない。そもそも、面倒事を忌避したがる気持ちを「ズボラ」とか「サボり」とか、悪いことであるみたいな言葉で表現するのがよくない。既存のプロダクトに不便を感じることができる、自然と問題意識を持てるというのは、一種の能力だ。社会にとって何よりも有益で尊い感受性で、持ちたくても容易に持てる力ではない。生きづらくても、恥じる必要だけは絶対にない。そう自分に言い聞かせて生きていきましょう。

社会と折り合いをつける作業はいつでも始められる。人生は長い。人はいつでも、何度でもやり直せる。どうせ一朝一夕では完了しない工程なのだから、焦らずやっていけばいい。まずは自己肯定感を取り戻すことのほうが大事だと思う。

 

 

ハダリラ ミルキージェルUV

ということで、この3ブランドのプロダクトにはちょくちょく注目している。

今回ハダリラから新作がリリースされたということで、早速使ってみた。

 

ハダリラ ミルキージェルUV

ハダリラ ミルキージェルUV

 

公式サイト ハダリラ ミルキージェルUV <朝用乳液>|BCLBRAND SITE / BCLブランドサイト

 

大人のおしろいミルク ミルキージェルUV。2019年3月11日発売。バラエティショップ限定発売とのこと。わたしは東急ハンズで購入した。

 

f:id:infernalbunny:20190321025106j:plain

 

大きさ比較のためのチオビタドリンク。 50ミリリットル1400円。SPF30・PA+++。

公式サイトによると

朝、化粧水の後に塗るだけ!乳液なのに白肌にトーンアップして、UVカットも。

化粧下地としてファンデーションの前のトーンアップはもちろん、NOファンデの日はこれひとつでもお出かけできちゃう、スキンケアする大人のおしろいミルクです。

とのことで、製品としては、薄化粧とUVカットの両立を謳う乳液であって特に珍しいものではない。洗顔料で落とせる点も、既存の色つき乳液やCCクリームに先例がある。

 

この「大人のおしろいミルク ミルキージェルUV」が珍しいのは、ポンプヘッド容器である点だ。

「日焼け止めと肌色補正を兼ねた洗顔料落ち乳液」は既存のプロダクトの中にいくつか存在しているが、それらはほとんどがチューブ容器だった。

 

たとえば、アクセーヌのスーパーサンシールドブライトフィット。

ピンクパールで絶妙に肌色補正してほんのりとツヤ肌にしてくれる優れもの。ウォータープルーフかつ洗顔料で落とせる。低刺激性・ノンケミカル・アルコールフリー。40グラム3000円とプチプラではないが、仕上がりがとにかく綺麗で夏に愛用していた。

公式サイト スーパーサンシールド ブライトフィット製品情報|アクセーヌ スーパーサンシールド公式サイト

 

このミルキージェルUVはポンプヘッド容器であるから、洗面台に置いておいてスキンケアの流れでワンプッシュでつけることができる。これは素晴らしい。

 

基礎化粧品はポンプヘッド容器のものに統一すべきだと熱くおすすめする記事。コスメの中身よりも使い勝手にこだわることが、このブログで提唱するADHD美容の基本ルールである。どんなスキンケアも継続できなければ無意味だ。

www.infernalbunny.com

 

www.infernalbunny.com

 

つまり「ハダリラ ミルキージェルUV」は、ポンプヘッド容器×日焼け止め×肌色補正×洗顔料落ちという、ADHDのわたしが重視するポイントをすべて備えた商品なのである。 

 

 

使ってみた

クリーム自体は真っ白。肌に馴染ませると消えるタイプの白さではなく、色が残る。透け感はあるので舞妓さんにはならないが、よく見ると毛穴が白く目立つのは否めない。それでも、全体的な仕上がりは綺麗といって差し支えないと思う。すりガラスを通したような自然なツヤ~セミマット風の質感になる。

気になったのは、顔の上でこねくり回すと若干のカスが発生すること。塗り広げで何度も触ることになるフェイスライン付近は要注意だ。下に使う日焼け止めとの相性もあるのかもしれない(わたしは紫外線予報のさらさらUVジェルを塗った上から使っている)。

同じく日焼け止め効果つきスキンケアクリームということで、ズボラボの朝用乳液UV(SPF28・PA++)と比較してみた。ハダリラのほうがテクスチャが固いが、毛穴を埋めるほどの固さではなく、使用感はほぼ同じ。カスが出るのも同じだが、ハダリラのほうがマシ。

 

 f:id:infernalbunny:20190416095325j:plain

左:ハダリラ 右:ズボラボ

 

香りがけっこう後残りするので注意。公式によると “爽やかで心地よいシトラスブーケの香り” “朝の陽ざしをたっぷり浴びたレモン&グリーンティーと花々を思わせる、爽やかで心地よい香り” とのことで、たしかにレモンティーのような香りがする。個人的には好みの香りでした。

 

まとめると、肌に合いさえすれば無難に使える肌色補正UV(やや色白の人向き)という感じでした。わたしはポンプヘッド容器にこだわりたいのでしばらく使ってみるが、既存のチューブ容器の肌色補正クリームで事足りている人は、あえて買うこともない気がする。

 

真っ白のスキンケアクリームということでウユクリームを連想したのだが、公式サイトにリンクされているインスタグラムに案の定ウユクリームのハッシュタグがありました。

 

www.instagram.com

 

しかし世の中色白の人ばかりではないだろうに、これだけオルチャン風白肌メイクが流行っているということは、「首と顔の色の違いを気にする」「白浮きを嫌う」という文化自体なくなりつつあるのだろうか。とにかく顔さえ白くなればいい的な。上記のインスタのモデルさんも、ちょっと白浮きしてるように見えるし。

 

また、「大人のおしろいミルク」というネーミングからは、以前試したことがあるエリクシール 大人のおしろいミルクを連想した。

 

www.shiseido.co.jp

 

エリクシールのこちらも、肌色補正効果のある洗顔料落ちUV乳液ということでスペックは似ているが、エタノール含有量が多い(成分表示では水の次に記載)。わたしの肌ではピリピリとした刺激を感じた。ハダリラはアルコールフリーなので問題なく使えている。

 

以上、ハダリラ ミルキージェルUVの感想でした。引き続き、時短系コスメには注目していきます。